2013年05月26日

トキのひな、3羽に 新たに2羽確認 環境

環境省は23日、新潟県佐渡島で放鳥した国の特別天然記念物のトキで、ひなが誕生していることが22日に確認された3歳雄と2歳雌のペアの巣に、新たに、少なくとも2羽のひなが生まれていることがわかった、と発表した. 同省は23日早朝、ひなの様子を観察するために巣から40メートル離れた地点に小型カメラを再び設置した. 同日夕に回収して映像を分析したところ、午前9時ごろの映像に、巣の中に少なくとも3羽のひなが確認された. いずれも親鳥から餌を与えられている様子が見られたという. マサイシューズ 新たに確認された2羽がいつ生まれたのかはわからないが、1羽は、22日に確認された体長約20センチの最初のひなとほぼ同じ大きさで、もう1羽はやや小さく、生後2、3日ほどとみられる.
posted by YamamotoKahori at 11:22| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。